フォロワー

2019年1月17日木曜日

大塩天満宮と毛獅子の獅子舞

大塩天満宮

主祭神は、菅原道真。創建時は、天神山の頂上にあった社を、1533年(天分2年)大塩城主・大塩次郎景範(かげのり)が旧地に移したといわれている。1998年(平成10年)遷宮祭を行い、現在地に移転。例大祭は、10月14日・15日、8頭の毛獅子による道中舞と地舞が演じられる勇壮な獅子舞と絢爛豪華な屋台6台の練り合わせは、播磨地方の有数な祭礼です。大塩天満宮・毛獅子の獅子舞は、1988年(昭和63年)姫路市無形民俗文化財に、1989年(平成元年)兵庫県無形民俗文化財に指定されました。
秋季例大祭
毛獅子の獅子舞
大塩天満宮
姫路市大塩町汐咲1―50

下記の地図で所在地をご確認ください。



2019年1月16日水曜日

加西市歴史街道ボランティアガイド

加西市歴史街道ボランティアガイド

我が町が好き、人との出会いが好き、ガイドが好き、といった仲間が加西の魅力を明るく楽しくご案内致します。また、土・日・祭日にはご予約いただくと、北条小ガイド隊の子どもたちが(住吉神社、酒見寺、五百羅漢)心をこめて皆様をご案内します。ぜひ一度、加西へお越し下さい。
2週間前までに電話で予約。
加西市観光案内所
☎0790-42-8823
<ガイド予約>
予約時に応相談
所要時間:約3時間
<集合場所>
北条鉄道・北条町駅
<費用>
無料
<問合せ先>
加西市観光案内所
☎0790-42-8823


破磐神社とわれ岩

破盤神社

破磐神社(はばん)は、神功(じんぐう)皇后が三韓(さんかん)征伐の帰りに、忍熊王(おしくまのみこ)の反乱にあい、船を止めて神託(しんたく)を求めたところ大己貴命(おおなむちのみこと)の神託があり、三本の矢が放たれました。その一本目は印南郡的形に、二本目は飾磨郡安室辻井に、三本目が太市郡西脇山中の大磐石(だいばんじゃく)を三つに割ったということから名付けられたそうです。この磐が「われ岩」として神社から約2km離れた場所にあります。
☎ 079-269-0572
姫路市西脇1598

われ岩

姫路市西脇丸山

下記の地図で所在地をご確認ください。



2019年1月15日火曜日

小野ガイド・ひまわり

小野ガイド・ひまわり

小野市の魅力を多くの方に知っていただくため、歴史・文化をまごころ込めてガイドいたします。
希望日の1週間前までに(土日祝除く)下記のメールかFAXで申込。
ガイドは同行しませんが、各所でご説明します。
小野市観光協会
TEL  0794-63-1929
FAX  0794-63-2614
<ガイド予約>
予約時に応相談
<集合場所>
浄土寺駐車場
<費用>
無料・但し下記の拝観料必要
浄土寺拝観料500円
好古館入館料200円
<問合せ先>
小野市観光協会
☎0794-63-1929


児童公園・桜山公園

生まれ変わった桜山公園

また、桜山貯水池だった桜山周辺は、1987年(昭和62年)の「姫路市自然観察の森」の開園を機に、子供をテーマにした「桜山公園」へと生まれ変わりました。

桜山貯水池

貯水池下にある旧飾磨郡余部村青山より旧揖保郡太市村に抜ける峠道の街路樹として多くの桜の木が植えられていたことから「桜峠」と呼ばれていたことに由来しています。当初は、揖保川から揚水し非常時に備える保安用として1940年(昭和15年)に着工されたが、戦時中のため、1945年(昭和20年)工事中止。1960年(昭和35年)、工業用水の需要増のため、堰堤(えんてい)の嵩(かさ)上げ工事を行い、有効貯水量446万の貯水池が完成。

桜山公園

1987年(昭和62年)、兵庫県と姫路市が貯水池周辺を「桜山公園」として再整備がスタート。8kmのハイキングコースを備えた「姫路市自然観察の森」は、四季を通じて植物・昆虫・野鳥などの観察には適しており、北岸一帯は自然観察路や野鳥観察小屋が設けられ、ネイチャーセンターのレンジャー(自然観察指導員)から動植物や自然環境などについて話を聞くこともできます。自然観察の森の東には、兵庫県立こどもの館(安藤忠雄氏設計)・姫路市立星の子館・姫路科学館(別名アトムの館)などの施設があります。特に、姫路科学館のプラネタリウムは国内最大級の直径27mのドームスクリーン、星の子館は国内最大級の90㎝反射望遠鏡と宿泊可能な児童向け天文観測施設が設けられています。
東から順に
(1992年開館)

(1993年開館)

(1989年開館)

(1987年開園)

桜山公園
2006年(平成18年)堰堤(えんてい)の麓には約8.7ヘクタールのスポーツ広場と遊具を備えた「桜山公園」も完成しました。

下記の地図で所在地をご確認ください。



2019年1月14日月曜日

太子町史跡ガイドボランティア

太子町史跡ガイドボランティア

太子町史跡ガイドボランティアは、年配者ばかりですが、丁寧に説明し訪れた方々には気分良くお帰り頂くことをモットーに頑張っています。
2週間前までに電話で予約。太子町観光協会まで ☎ 079-277-2566
<ガイド予約>
予約時に応相談
所要時間:約2時間
<集合場所>
斑鳩寺
<費用>
2,000円
<問合せ先>
太子町観光協会
☎079-277-2566


国指定史跡・壇場山古墳

壇場山古墳

5世紀前半に築かれた前方後円墳で、墳丘(ふんきゅう)の全長は143mで、県下第2位の規模です。(兵庫県の前方後円墳で大きさが1位は神戸市垂水区の五色塚古墳、3位は篠山市東本荘の雲部(くもべ)車塚古墳)墳丘は三段築制で、周濠をめぐらし、部分的に周堤が残る。後円部墳頂には縄掛け突起を有する竜山石製長持形石棺の蓋の一部が露出している。また、墳丘上では円筒埴輪・家形・盾形などの形象埴輪も採集されている。墳形は、大阪府仲津山古墳の約2分の1の相似形となっており、畿内政権との密接なつながりをうかがわせる。周囲にはかって数基の陪塚があったとされるが、現在では櫛之堂古墳・林堂東塚古墳の2基が残るのみである。また、北西には一辺約60mの方墳・山之越古墳がある。ちなみに、兵庫県の前方後円墳で大きさが1位は神戸市垂水区の五色塚古墳、3位は篠山市東本荘の雲部(くもべ)車塚古墳です。
1921年(大正10年)国指定史跡に指定。
姫路市御国野町国分寺

下記の地図で所在地をご確認ください。