フォロワー

2018年6月30日土曜日

平成之大馬鹿門と農村歌舞伎舞台を訪ねて

播州ちくさ・手漉和紙工房

和紙作りに大事な水を求めて、宍粟市千種町を訪れ、口に含んだ一口の水で、この地に工房を構えることを決めたという「吉留新一」さんが心を込めて作る手漉(てす)き和紙です。和紙の中でも最高級とされる雁皮紙(がんびし)にこだわり、化学薬品を一切使わず、昔ながらの手法で作られています。仮名書道や文化財補修用の和紙を中心に製造されています。
営業時間:10時~17時
☎ 0790-76-3716
宍粟市千種町河内533-1

中宮神社の大杉

中宮神社の大杉は、樹齢500年といわれ、兵庫県指定の天然記念物に指定されています。
宍粟市千種町河内

平成之大馬鹿門

おごしき山
空山
仏教大学(京都)が大学の門柱として石彫家・空充秋氏(そらみつあき)に制作を依頼。空氏が門柱の名称を「平成之大馬鹿門」とした為、大学側は引き取りを拒否、当時話題になった作品です。1997年(平成9年)4月、宍粟郡千種町(現:兵庫県宍粟市千種町)は、空氏の「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の精神を表したとのことに同感し、作品を引き取ったそうです。千種高原へ向かう道路を挟んで聳(そび)える、おごしき山(1095m)と空山(そらやま:901m)の山頂に設置されています。

おごしき山

おごしき山は、後山(うしろやま)のことで、兵庫県では板場見山(いたばみやま)と呼ばれています。この山は、「西の大峯山(おおみねさん:大峯山は奈良県)」と呼ばれ、西の修験道の中心地として栄えた山で、今でも全国から約1万人の修験者達が訪れているそうです。

河呂農村歌舞伎舞台

一年の豊作を氏神様に感謝するための祭事で、現在は地元の消防団を中心に芝居が上演されています。この舞台は、兵庫県の重要文化財に指定されています。
宍粟市千種町河呂

二宮神社・農村歌舞伎舞台

二宮神社
宍粟市千種町岩野邊1648

エーガイヤちくさ温泉

☎ 0790-76-8200
宍粟市千種町室1060-1

一里堂

昔は主な街道筋に、旅人の目印又は休憩場として一里塚や一里堂が設けられていました。この一里堂は、千種道に残る唯一のものだそうです。
宍粟市千種町下河野

道の駅・ちくさ

☎ 0790-76-3636
宍粟市千種町下河野745-5

下記の地図で所在地をご確認ください。



0 件のコメント:

コメントを投稿